「お・も・て・な・し」気遣いの広告チラシ

広告 チラシは世界中のどこにでもありますが、私たちが普段見慣れているよう
なフルカラー対応で商品の魅力が伝わるチラシは世界の中でもかなり特殊なので
はないでしょうか。

過去に行ったことのあるアジア・北米・欧州ともに、2色刷りで商品名と金額が
ぎっしりと詰まった文字だけのチラシが多かったように記憶しています。
カラーのものは、1商品をアピールしていてポスターのような感じでしたね。
しかも日本のように裏が白紙なものはあまり見かけなかった気がします。

昨年ブエノスアイレスで行われた2020年夏季オリンピックを東京都に招致する
プレゼンテーションで使われた「お・も・て・な・し」、そののち流行語大賞に
もなりましたね。まさに日本人のきめ細やかな気遣いが広告チラシにも現れてい
るのだと思います。

広告やチラシだけでなく、プレゼントするときに頼むラッピングに外国人の方が感
心していたというバラエティ番組を見ました。

その番組で言われていたのは、「どこのお店でも頼めば綺麗にラッピングしてく
れる」、「芸術的な包み方で美しい技だ」、「雨の日に頼むとラッピング以外に
濡れないようにビニールで包んでくれる」など、私たち日本人は当然のように感
じていたサービスに対して、どの国の人達も絶賛していました。

色の魅力

広告 チラシというのは色々な色を使うことが出来るのも魅力ではないでしょうか。
もちろん文字だけ、白黒のチラシというのもあったりしますが、眼で見て楽しいものを作
れるところも魅力のひとつだと思います。
写真を掲載するとリアルな視覚的効果も作れますし、イラストなどでイメージを膨らませ
てあげるといったことも出来ます。

広告 チラシというのは色々なことが出来るものだと思いませんか?
もちろん映像などの広告もありますが、広告の映像を長くみているのは苦痛だったりします。
そして費用も高くなりますから映像広告はなかなか手が出ない人も多いことでしょう。
文字に関しても様々な書体を使うことができますし、書体だけでなくその文字の色も変え
ることが出来ますよね。

色には様々な心理的効果があるとされています。
自分の商品特性に合わせた色使いをすることで商品と広告がマッチしたものになるという
ことも出来ます。

もちろん色の使い方はそういったことを考えると注意が必要かもしれません。
あまりに多くの配色をしてしまったり同系色ばかりを使っていたりすると見やすさが半減
してしまう場合もありますからね。
色は魅力もあり、逆に間違った使い方をすると効果が落ちてしまうリスクもあります。

大義名分を用意する

何らかのキャンペーンやどうしてもお知らせしたいものなどは、普段は広告 チラシを使
わないところでも宣伝のために行ったりしますよね。
新しい新製品の発表であったり、店舗を改装したりなど新たにお客さんを呼びたいときと
いうのはやはり広告費をつかって宣伝すると思います。

広告 チラシというのはそういった時に機動力を発揮します。
もちろんチラシの制作、印刷といった工程がありますから、そういったスケジュールを考
えつつ行なうことが大事ですね。

チラシで宣伝するための大義名分もありますから、チラシの反応も高くなると思います。
改装リニューアルオープンなどはお客さんからしても反応が高くなりますよね。
もちろん集客のために目玉商品を準備したりしますが、新しくなったお店はどんな感じに
なったのか気になる人も来店してくれます。

もちろん新製品などの発表でも同じことですよね。
どんな商品なのかじかに見てみたいというふうに思わせることが大事です。
チラシを使って集客するためにこういった大義名分があることは、意外とお客様うけも良
いですから、改装などがなくても○周年セールだったり、季節のイベントと絡めたりなど
工夫することでいろいろなチラシを作ることが出来ると思います。

いいわけを用意してあげる

頑張っている自分へのご褒美なんて言葉がありますが、この言葉を理由に買いたいものを購入している人もいますよね。
お金を出して物を購入するときには、欲しい理由がありますが最後の一押しになるのがこういった言葉です。

これは広告 チラシなどでも最後の一押しになるような文言が使われている場合があります。
最後の一押しになる理由、いいわけを広告 チラシですでに使うことによって、購入するためらいを緩和させてあげるといった手法になります。

商品のメリットや使うことでどうなるのかなど説明しても、必ず必要なものでもなければなんらかの理由が必要だったりしますから、こういった提案を入れることは重要なことでもあるのです。

誕生日プレゼント、記念日、イベントなどではそれなりのお金を使ったりして購入したりしますよね。
普段はスーパーでの買い物も安い食材を探していても、そういった時には奮発した料理にするということもあると思います。

それは自分の中に明確な理由があって、購入するのも自分や家族に対しても大義名分がある状態であるからなのです。
チラシにもそういったいいわけ的なフレーズを入れてあげることで、少しは売上アップに繋がるかもしれませんよ。

セールとイベント

プロ野球の優勝が決まるといろいろセールなどが行われますよね。
優勝を祝うということにセールを行うことによって売上増加も期待できるというわけです。

当然広告 チラシなどを使って優勝セールを宣伝するところもあることでしょう。
ただ、最近はプロ野球チームも地域密着型に変わってきていますから、優勝したチームの
本拠地がある地域ではこういった経済効果も見込まれるのではないでしょうか。

なんらかのイベントに絡ませて売り上げをあげるという手法は当たり前に昔から行われて
きた手法ですから、何もプロ野球チームが優勝しただけではなく、いろいろな行事、イベ
ントなどに絡ませて広告 チラシを作成することも大事ですね。

地域で運動会などが頻繁に行われているのであれば、スーパーなども運動会のお弁当の
具材などに力を入れるなどもあることでしょう。
もちろん秋ですから運動会以外にも秋の夜長を楽しむなどを売りにしても良いかと思います。

こういったことと絡めることによって集客力もアップしたりすることもあります。
消費者からしたら、セールなども含めて安く買えるというのは大歓迎なことですから、目
玉商品を多く用意して売上アップを目指すことも可能ですよね。

紙だからこそチラシは良い

広告 チラシというのは紙で出来ていることから手にとって見やすいということがありま
すよね。

最近、社外の人との打ち合わせでタブレッドなどを使って説明したりすることがありまし
たが、実際にはお互いに見ながら話が出来るとまでは使い勝手が良くないこともあって、
最終的にはパンフレットを見ながら説明したということがありました。

一見タブレット型のコンピューターは便利ですが、2人で画面を見ながらというのには向い
ていません。
それだったら紙で出来た資料を見ながらのほうが実際には見やすいのです。

広告 チラシもネットを使って見れるものがありますが、そこは画面の大きさなどの制約
があるために拡大したり、縮小したりして見ないといけませんから多少の手間がかかります。
余程見たいものでない限りは敬遠されてしまうのではないでしょうか。

紙で出来ているからこそ気軽に見ることが出来るということがあるのではないでしょうか。
ほんの少しでもストレスを感じるものには、人間は自然と敬遠してしまう傾向があります。
紙で出来ているからこそ、ストレスを感じずに見ることも出来ると思いませんか?

だからこそ広告 チラシは紙が一番良い方法であり、今でも多くのところが活用している
のです。

チラシからの誘導

広告 チラシというのは可能性がいろいろありますよね。
昔からある紙を使った媒体ですが、今でも多くの方が使っているのが可能性がいろいろあ
るということでもあるのではないでしょうか。

まず、最近はネットを使った集客などが増えてきていますが、ネットというのは相手が全
国であったりしますから、競合も多くひしめいています。
広告 チラシの場合は配布するのが例えば新聞折込であれば多くても数十枚、少なけれ
ば10枚以下ということもありますし、その中で競合している業者は少ない場合が多いと
思います。

そしてチラシからお店への誘導も出来ますし、もちろんチラシからネット、ホームページ
への誘導もできるのです。
紙の場合は大きさなども限られていますから、もっと詳しく知りたい場合にはホームペー
ジを見るでしょうし、そのまま購買意欲が湧いた場合には、お店に来店という流れにつな
がっていくのです。

ネットの広告というのは、実際にはホームページへの誘導だけを行うものです。
そして広告枠も限られ、広告で発信できる情報も少ないですから、そこからホームページ
に辿りついて貰うためには、短い文章などで興味をひかなければなりません。
意外と大変なことでもあるのです。

呼び込む媒体

広告 チラシの魅力はどんなにインターネットが普及していても変わらないと思います。

インターネットなどでホームページを開設していても、そこに訪れてくれるかどうかとい
う部分で考えれば、ホームページなどは来店を待っている店舗のようなもので、検索結果
で訪れてくれたりなどがありますが、それはたまたま道路を通りかかったらお店があって
興味がありそうだから来店してみたというのと似た感じですよね。

自分から、ここにこういうお店がありますよ!と宣伝しているわけではありません。
もちろん他の多くの人が見ているホームページなどに宣伝広告などを掲載して貰うことで
呼び込むことは出来ます。

しかし、意外とそういった広告は高かったりします。
例えば某有名検索サイトのトップページに広告を掲載するといくらくらいかかるかご存知ですか?
最低金額でも千万クラスと言われているそうです。
ここまでの広告費を捻出できるところは大手企業だけですよね。

広告 チラシで考えた場合に圧倒的な金額差がありますね。
もちろん、それだけ多くの方が見ている媒体なんでしょうが、やはり自分から呼び込もう
と思ったときに安価な値段で考えるとチラシというのは非常にいい方法でもあります。
もちろんチラシからホームページに誘導することも出来ますから、魅力ある媒体でもあり
ますね。

景気回復とチラシ

最近は景気回復とともに住宅関連の広告 チラシを良く目にするようになった気がします。
消費増税前に住宅を買おう。
景気回復をして不動産などが本格的に値上がりする前に購入しようと思う人が多いのかも
しれません。

意外と良い場所にマンションが建てられていたりもしますから、これから購入を考える人
に向けて広告 チラシに関しても多くの予算をかけているのかもしれませんね。
もちろん住宅関連と言ってもリフォーム関連なども目にします。
景気回復局面では一番売れやすいのかもしれませんね。
値段が上がる前に買おうとする人が増えますからね。
住宅自体は値段が上がらなくても、不動産などは値段が上下しますので今のうちなのかも
しれません。

また、利息なども上昇を開始しているということもありますので、利息が上がらないうち
に購入するというのも必要なことかもしれません。
ただし、利息の値上がりが予想されますから変動制ではなく固定金利で借りることが大事
な時期かもしれません。

少しチラシとは脱線しましたが、それだけ景気回復時にも使われるのがチラシですので、
宣伝をするさいには是非、広告 チラシに関しても検討しましょう。
売上をあげるにも宣伝しなければ始まりませんからね。

ナンバーワン媒体

広告 チラシは気軽に行える広告のひとつですよね。
気軽にといってもデザインを決めて、内容を決めて印刷をしてという過程がありますから
ある程度の準備は必要になってきます。

また内容によっては効果も変わってきますから、いろいろ考える必要はあると思います。
チラシは機動性に優れた広告だと思います。
なんといっても実際に店舗などがある場合には、その店舗にお客様に来て貰う必要があり
ますから、必然的にお客様になるのはその近くに住んでいる、通勤しているなどの人にな
ってきます。

ですから近隣に広告を出そうと思ったら、広告 チラシがエリアなども選択できることか
ら強みといったらナンバーワンの媒体ではないでしょうか。

もちろん新聞折込として使っても良いですし、ポスティングでも良いでしょう。
または手配りという方法をとることも出来ますから、いろいろな使い道がある媒体でもあ
ります。
また、写真なども掲載することでイメージしやすいチラシなども作ることが出来たりします。

例えば、これがフリーペーパーであれば紙面が限られますから、広告サイズは小さくなり
ますし、当然写真などの数や大きさも限られてしまいます。
紙質によっては写真も綺麗に印刷されていない、少しぼけた感じになってしまうこともあ
りますよね。

« Previous Entries